健保組合に加入する人

入社すると同時にみなさんも健康保険組合に加入します

私たちは、法律により誰もが健康保険組合に加入します。
加入する健康保険組合は、会社で働く方、自営業の方、家族に養われている方、高齢の方で変わります。
みなさんは入社とともに当健保組合に加入し、決められた保険料を納めます。
一定の条件を満たしていれば、みなさんの 家族や退職した人も当健保組合に加入することができます。
また、事業主である会社も当健保組合に加入して保険料を納めています。

当健保組合は独自の保険料や保健事業など、独自の事業を運営し、みなさんの生活をサポートしています。

当健保組合に加入する人

被保険者
被保険者 本人=被保険者
当健保組合に加盟している事業所に、直接社員として雇われている方です。
毎月決められた保険料を支払います。
家族
家族 家族=被扶養者

当健保組合に加入している本人に扶養されていて、一定の条件を満たし、当健保組合に加入する家族の方です。

詳しくはこちら 家族が健康保険組合に加入するには

退職者 退職した本人=任意継続被保険者

退職しても続けて当健保組合に加入している方です。
決められた期間内に限って、引き続き健康保険組合に加入することができます。

詳しくはこちら 任意継続被保険者になるには

会社(事業主) 会社(事業主) 会社(事業主)も当健保組合に加入して、みなさんの保険料の一部を支払います。

短時間労働者(パートタイマーなど)の健康保険適用について

1週間の所定労働時間および1ヵ月の所定労働日数が常時雇用者の4分の3以上である場合は、健康保険の加入対象となります。
なお、勤務時間・勤務日数が常時雇用者の4分の3未満であっても、以下の5つの条件に全て該当する場合は健康保険の加入対象となります。

  1. 1週間の所定労働時間が20時間以上であること
  2. 雇用期間が1年以上見込まれること
  3. 賃金の月額が8.8万円以上であること
  4. 学生でないこと
  5. 常時500人を超える被保険者を使用する企業(特定適用事業所)に勤めていること
    ※平成29年4月以降は、500人以下の企業でも労使で合意している場合は加入対象となります。