入院したとき

入院したときは食事代として一定額を自己負担します

入院したときには、医療費の一部負担とは別に、食事(食事療養)代として一定額を自己負担し、それを超えた額が給付されます。

受けられる給付

入院したときに受けられる給付

65歳以上で療養病床に入院したときの居住費は別途自己負担します。

65歳以上の高齢者が長期入院などのために「療養病床」に入院する場合は、生活療養にかかる「標準負担額」を自己負担し、標準負担額を超えた額が「入院時生活療養費」として給付されます。生活療養にかかる標準負担額は介護保険と同じ水準の額で、介護保険と同様に低所得者には負担軽減措置があります。

ただし、難病、脊髄損傷などの患者や人工呼吸器、気管切開などを要する患者など、入院医療の必要性の高い患者が療養病床に入院した場合は対象外です。

生活療養標準負担額

食 費:食材料費および調理コスト相当 1食460円(3食限度)
居住費:光熱水費相当医療の必要性が低い方(医療区分Ⅰ):1日370円
医療の必要性が高い方(医療区分ⅡⅢ):1日200円

※食事の提供体制などにより、1食420円の負担となる医療機関もあります。

※平成30年4月より、医療の必要性が高い方(医療区分ⅡⅢ)も1日370円となります。

手続き

必要ありません。